So-net無料ブログ作成
検索選択

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第8話 [いつか陽のあたる場所で  あらすじ]

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第8話

「また会う日まで」

綾香(飯島直子)の父・文彦(前田吟)が海難事故で意識不明との知らせが入る。
自分が犯した罪のため、故郷に帰りづらい綾香だったが、
芭子(上戸彩)は「私も一緒に行くから」と綾香に帰郷を決意させる。

綾香は妹・琴美(中島ひろ子)と久しぶりに再会し故郷に残された家族の苦しみを聞く。

一方、芭子の過去を知った大石老人(竜雷太)は妙子(浅野温子)を訪ねる。
そして岩瀬(斎藤工)は芭子との関係に静かに決意を固めていた。

【送料無料】いつか陽のあたる場所で...

【送料無料】いつか陽のあたる場所で...
価格:578円(税込、送料別)



大石老人(竜雷太)は、なぜ妙子(浅野温子)を訪ねたのでしょう。

岩瀬(斎藤工)は、芭子との関係をどうするつもりなのでしょう。

綾香(飯島直子)の一番の理解者だった父・文彦(前田吟)の事故。

辛いことが続きますね。

なんとか乗り切っていってほしいですね。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。