So-net無料ブログ作成

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第9話 [いつか陽のあたる場所で  あらすじ]

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第9話

「名乗れない母親」

綾香(飯島直子)は息子の朋樹が児童養護施設いること知る。

息子と会う資格がないという綾香を芭子(上戸彩)は真心をこめて説得し、
一緒に施設を訪ねる。

園長(木野花)のはからいで、
綾香はパンをプレゼントに来たボランティアということで朋樹と再会する。

芭子の弟・尚之(大東駿介)は妻・香織(鹿沼憂妃)に芭子のことを告白。

将来一緒にお店を開こうという夢を芭子は綾香に語るが、
綾香は密かに谷中を去る決意を固めていた・・・。

【送料無料】すれ違う背中を ...

【送料無料】すれ違う背中を ...
価格:1,470円(税込、送料込)



母親だったら、どんなにか子供に会いたいことかー。

だけど名乗れない辛さ。

綾香さんの気持ちを思うと、胸が痛いです。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。