So-net無料ブログ作成
検索選択

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第8話 [いつか陽のあたる場所で  あらすじ]

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第8話

「また会う日まで」

綾香(飯島直子)の父・文彦(前田吟)が海難事故で意識不明との知らせが入る。
自分が犯した罪のため、故郷に帰りづらい綾香だったが、
芭子(上戸彩)は「私も一緒に行くから」と綾香に帰郷を決意させる。

綾香は妹・琴美(中島ひろ子)と久しぶりに再会し故郷に残された家族の苦しみを聞く。

一方、芭子の過去を知った大石老人(竜雷太)は妙子(浅野温子)を訪ねる。
そして岩瀬(斎藤工)は芭子との関係に静かに決意を固めていた。

【送料無料】いつか陽のあたる場所で...

【送料無料】いつか陽のあたる場所で...
価格:578円(税込、送料別)



大石老人(竜雷太)は、なぜ妙子(浅野温子)を訪ねたのでしょう。

岩瀬(斎藤工)は、芭子との関係をどうするつもりなのでしょう。

綾香(飯島直子)の一番の理解者だった父・文彦(前田吟)の事故。

辛いことが続きますね。

なんとか乗り切っていってほしいですね。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第7話 [いつか陽のあたる場所で  あらすじ]

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第7話

「闇からの訪問者」

芭子(上戸彩)は、岩瀬(斎藤工)に前科のことを告白しようと決心する。

綾香(飯島直子)は谷中でスリの常習犯・香江子(坂井真紀)と偶然再会する。
芭子と綾香は、かつて香江子と同じ刑務所にいた。
香江子は綾香の職場とアパートを探し当て、
金を出さなければ二人の過去をバラすとを恐喝する。

綾香のアパートに駆けつけた芭子は、
「人生をやり直したいと二人で精一杯生きている。どうかそっとしておいて」と
香江子に懇願するが・・・。

【送料無料】ノン子36歳(家事手伝い...

【送料無料】ノン子36歳(家事手伝い...
価格:4,442円(税込、送料込)



芭子と綾香。
このまま平穏に穏やかに暮らしていけるよう願っていたけど、
人生って過酷ですね。

同じ刑務所にいた香江子と偶然会うなんて・・・

香江子はうまく厚生できていなかったんですね。

だから二人の罪を暴露してしまったー。

この先芭子と綾香はどうなってしまうのでしょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第6回 [いつか陽のあたる場所で  あらすじ]

いつか陽のあたる場所で  あらすじ 第6回

【送料無料】いつか陽のあたる場所で...

【送料無料】いつか陽のあたる場所で...
価格:578円(税込、送料別)



「幸福になる資格

芭子(上戸彩)は大道芸大会に出場する岩瀬(斎藤工)を見に行くが、
輝いている岩瀬と自分は釣り合わないと落ち込み逃げ帰ってしまう。

一方パン屋では、綾香(飯島直子)目当てに
佐伯(長谷川朝晴)という紳士が通ってくるようになる。

妻を亡くした佐伯には9歳の娘がいた。
結婚を前提に交際を申し込む佐伯に
綾香は「私には人を幸福にする資格がない」と断る。

岩瀬に本当のこと隠し続けている芭子は、過去を告白しようと決意する・・・。

乃南アサ 関連作品を楽天で検索>>

いつか陽のあたる場所で 5話はよかったですね。

「どんなに離れていても、一生会えなくても、
家族は家族だ」って、綾香の父の言葉。

親の前で思いっきり泣くのも親孝行だって言う
幸子(江波杏子)の言葉。

どれも胸に響きました。

家族にだけ分かる、芭子の祝電も心がこもっていましたね。

親に心配かけまいとしてしまうけど、
親の前だからこそ、時には弱音をはいてもいいんですよね。

なんでも受け入れてくれる親って、
とっても大きな存在だな~って、つくづく思います。

自分にも親がいて、子供の立場であり、
子供をもつ親の立場でもあります。

年老いた母親ですが、こころの支えです。
私も子供たちを支える母親でありたいと思います。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。